離婚調停を不安に思う方へ

婚調停をしようとする、あるいはしている途中、いろんな不安が頭をよぎります。

夫は私の言い分を聞いてくれるだろうか?
調停委員は私の言うことをわかってくれるだろうか?
本当に離婚できるだろうか?

こんなことをいつもいつも考えていると、ぐっすり眠れない日々が続いてしまいます。

そこで、このような不安に悩まされなくなる方法を、お教えします。


事実は何よりも強い


不安になったら、この言葉を思い出してください。

不安定な気持ちになるというのは、若干のウソや隠し事が含まれていることがよくあります。

離婚調停の途中で「ほとんどは事実だけど、少しだけ事実と違うところがある」というときに、人は不安な気持ちに包まれたりするものなのです。

自分の過去の体験を思い出してみてください。

他人との言い合いで不安になったときというのは、事実と違うことを述べていたときではありませんか?

事実と違う事を述べ続けると、人は不安を感じるようになっているのです。

だから離婚調停では、ひたすら事実を述べてください。

そして事実を述べた自分に対して

すべて事実なんだから、何もやましいところはない

と言い聞かせてください。

事実を述べつづけていれば、必ず心は安定してきます。不安な気持ちは消えていきます。

離婚調停でお互いの言い分が食い違うというのは、どちらかが事実を述べていないからです。

こんなときあなたは、臆することなく堂々と、事実を述べつづけるのです。

事実を述べていない相手は、やがてとても不安な気持ちになり、精神的に追い込まれていきます。

相手が最後までウソを突き続けたとしても、精神的にはとても苦しいため、財産分与や慰謝料で必ず妥協してきます。こちらの有利に事が運ぶようになるのです。

だからあなたは、最後までたんたんと事実を述べ続けてください。

事実というのは、それくらい強いものだと思ってください。

あなたがもし事実と違うことを述べているのなら、すぐに修正してください。

そして事実を述べているということを味方につければ、必ずよい結果となります。

離婚調停ではひたすら事実を述べ続ける--- このことを忘れないでください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ