慰謝料とは

謝料(いしゃりょう)とは、結婚生活の中で一方が受けた心身の痛みや苦しみを和らげ、それを回復するためにもう一方が支払うべき金銭のことを言います。

例えば、暴力などを受けて生じた身体的・精神的な痛みや恐怖、言葉でののしられたときの精神的な苦痛、自由を束縛されて受けた心の圧迫、離婚により配偶者としての地位を失う精神的な損害など、様々な支払い要因があります。

そして慰謝料を請求したりもらったりできるのは、必ずしも妻の方であるとは限りません。

妻の浮気で夫が精神的な痛手を受けたということで夫側が請求することも少なくありません。

つまり離婚の原因を作った側、つまり加害者が被害者に支払う損害賠償金が慰謝料なのです。



【慰謝料と財産分与の違い】


財産分与とは夫婦で築き上げた財産を、離婚の時に半分ずつに分けましょう、というものです。

離婚の原因がどちら側にあろうとも、とにかく半分に分けようとします。

そのため、不倫をしたからといって、その責任を問われて財産分与の金額が減らされることはありません。

これに対し慰謝料は、相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるお金です。

一般的には浮気や不倫などの不貞、暴行や虐待などが慰謝料請求の対象になります。

また慰謝料請求は結婚相手だけではなく、不倫相手にも請求することができます、



【慰謝料が認められる例、認められない例】


慰謝料が認められる具体例

・相手の不倫
・暴行や虐待
・生活費を渡さない


慰謝料が認められない具体例

・性格の不一致
・宗教、思想の違い
・2人とも不倫など、離婚原因が双方にある


離婚原因としてもっとも多いのが「性格の不一致」ですが、性格の不一致で慰謝料が認められることはまずありません。



【慰謝料の相場金額と算定方法】


慰謝料の相場金額は、だいたい200万円から600万円ぐらいまでです。

芸能人のような特殊な人の離婚を除き、日本で認められる慰謝料は、だいたい相場金額ぐらいになっています。

どんなにしつこく裁判をしても、相場金額以上に認められるケースはほとんどありません。

慰謝料金額の算定に、明確な基準はありません。

離婚原因、責任はどれくらい重いか、相手の経済力などを総合的に考慮して、裁判官が判断します。

結婚期間の長さは慰謝料の増額に影響を与えます。何十年もの結婚生活があったのに、突然離婚を切り出されたような場合は、精神的ダメージも大きいと考えられるからです。

しかし結婚期間が短いからといって、慰謝料が極端に少なくなるわけではありません。

結婚したら子どもをたくさん作るということを夢見て結婚したのに、夫の性交拒否によりまったく子どもを作ることができない場合などは、結婚期間が短くても精神的ダメージが大きいとして500万円の慰謝料が認められたケースもあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ