離婚調停の期間

婚調停は、両者の合意を持って成立します。そのため成立までの期間は、ケースごとに違います。

平均的には、

「約半年」

で成立に至ることが多いようです。

離婚調停は、言い争っている内容によって、長引き方が異なる傾向にあります。

離婚することには合意しているが、財産分与や慰謝料などの金銭的な部分の言い争いは、 短期間で決着します。

夫婦であったため、お互いの財産状況はよく知っていることから、あまり無茶な要求をしても、払えないことはわかっています。

またお金で言い争っている場合は、 相手と早く別れたい気持ち強いため、 すぐに合意に達するようです。

これに対し離婚したくないとか、子供の親権のことになると、 離婚調停は長期化する傾向にあります。

どちらが子供を養っていくかについては、 親の希望だけで決めてよいわけではありません。

どちらの親に育てられるかは、 その後の子供の人生を大きく左右するためです。

時には家庭裁判所の調査官が、 子供の立場に立った解決策を模索するために調査を行うこともあります。


離婚調停の進め方


・離婚調停の申し立て

必要書類を揃えて申立て先となる家庭裁判所に、離婚調停の申し立てを行います。申立先となるのは相手方の住所地を管轄する家庭裁判所です。


・呼出し状が届く

家庭裁判所から当事者に、調停期日の呼び出し連絡(通知)があります。相手方には回答書も送られてます。相手方はこの回答書に回答し、裁判所に送り返します。返送されてた回答書の内容はまとまめられて裁判官、調停委員に配布されます。


・家庭裁判所へ行く

指定された日時に裁判所に出向きます。資料等が必要な場合は、呼び出しの通知に記載されています。まずは控室に案内されますので、調停委員から声がかかるまで、そこで待機します。相手方は別の控室に案内されます。


・調停委員から事情を聞かれるので答える

調停委員方がいろいろ聞いてきますので、あなたの主張や言い分を伝えてください。弁護士を付けた場合でも、原則として本人の同席が求められます。なお部外者は、同席することができません。

調停委員にいろいろ話しをするとき、自分は調停委員にどんなことを伝えたいのかを、あらかじめメモをしておいて、メモを見ながら話しをするとよいでしょう。

家庭裁判所という慣れない場所では、緊張から話しておきたい事や伝えるべき事をうっかり忘れたり、うまく話せないことがあるからです。

このときメモを見ながら話しをすれば、忘れたり表現がうまくできずに伝えられない、ということが防げます。


・調停委員が相手から事情を聞く

あなたの主張を全て伝えたら、一度退席することになります。そして、相手方が調停室に呼ばれ、同じように主張を調停委員に話します。

相手方の主張が終わると、相手方も退席させられ、再度調停室に呼ばれます。そこで相手方の主張が申立人に伝えられ、調停委員からのアドバイスがあります。

相手方の主張や調停委員のアドバイスをメモにとっても構いません。このようなやりとりが2往復程度行われます。


・次回以降の期日が決まる

2回目以降の話し合いの日時は、全員の都合に合わせて日時が決定されます。帰りに相手方と顔を合わせたない事情がある場合には、 その旨を調停委員に伝えれば、 帰りに顔を合わせることのないよう配慮してもらえます。


・離婚調停の終結

数回の期日を経て離婚調停が成立した場合は、調停調書が作成されます。調停調書は調停最終日に謄本を入手することができます。もし調停調書の内容に不明な部分があれば、必ず納得のいくまで説明を受けてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ