年金分割(ねんきんぶんかつ)とは

金分割とは、離婚した女性の年金が少額になってしまうのを防ぐために、離婚後は夫の年金を妻に分割できるようにする制度のことです。

結婚していた期間に夫が納めていた厚生年金保険に該当する部分の年金の半分は、離婚後は妻名義の年金として受け取れるようになります。

ただし平成20年3月までの結婚生活における年金を離婚によって分割するには、夫との合意が必要となります。

つまり離婚調停において年金分割もきちんと合意をとりつけておかないと、年金分割は認められません。

離婚が成立したら自動的に年金分割となると思っている方が大勢いますが、それは間違いですからくれぐれも注意してください。

平成20年4月以降の結婚生活における年金については、離婚さえすれば夫の合意がなくても、自動的に夫の年金を分割してもらえます。これを強制分割といいます。


・平成20年3月末での結婚生活における年金は、離婚しても夫との合意がなければ年金分割できない

・平成20年4月以降の結婚生活における年金は、離婚すれば夫との合意がなくても年金分割ができる


上記のことについては、くれぐれも勘違いをしないようにしてください。

また離婚調停、離婚裁判を行うには「年金分割の情報通知書」というものが必要になることがありますから、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

「年金分割の情報通知書」は、お住まい近くの年金事務所で入手できます。



【年金分割の手続きの方法】


平成20年3月末までの結婚生活における年金を分割するには、夫との合意が証明された公的な書類が必要となります。具体的には

・夫と年金分割について合意した公正証書(離婚調停、裁判の場合は不要)
・調停調書の謄本、または和解調書の謄本、または確定判決の謄本

が必要となります。

平成20年4月以降の結婚生活における年金分割の場合は、離婚が証明できる戸籍謄本等があればよいです。

そのほかには「年金分割の請求書」「年金手帳」が必要です。

書類の提出先は、お住まい近くの年金事務所となります。

年金分割の請求は、離婚してから2年以内に行わなければいけません。

離婚してから2年を過ぎると、年金分割の請求ができなくなります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ