離婚のQ&A

Q:夫の両親との不仲が原因で、離婚できるでしょうか?

A:夫に、妻と両親との関係を修復する態度が見られず、あなたがた今も耐え難い苦痛を受けているのであれば、婚姻を継続しがたい重大な事由にあたるとして、離婚できる可能性はあります。


Q:養育費の支払いを守ってもらえそうにないときは、どうすればよいでしょうか?

A:離婚協議書を公正証書で作成するか、離婚調停で離婚して調停調書を作成してもらうようにしましょう。このような書面であれば、養育費不払いのときの法的手続きが容易になります。もうすでに離婚しているという場合は、相手に内容証明郵便を出して支払いを催促してみるといいでしょう。


Q:夫が女性とデートしていたメールを見つけました。これは不貞行為でしょうか?

A:デートしていたことがわかるだけでは、不貞行為とは言えません。不貞行為とは、性的関係を伴うものだからです。ただし夫のデートが許せず夫婦関係がこじれてしまったのなら、婚姻を継続しがたい重大な事由にあたるとして、離婚できる可能性はあります。


Q:子どもの前でケンカせずに離婚したのですが。

A:家庭裁判所に離婚調停の申し立てをするとよいでしょう。家庭裁判所のみで話し合いをすることになりますので、子どもの前で離婚話しをしなくてよくなります。


Q:夫の暴力が怖いので離婚したいのですが、暴力が怖くて離婚の話しができません。

A:家庭裁判所に離婚調停の申し立てをするとよいでしょう。調停委員が間に入れば、暴力を受ける可能性は低くなります。また暴力を受けたときは、医師に診断書を作成してもらっておきましょう。


Q:熟年離婚ですが、相手にはいくらぐらい請求できますか?

A:財産分与として、相手の財産の半分を請求できます。また年金分割も行っておけば、厚生年金部分の半分は受け取れるようになります。


Q:収入の少ない私が、子どもの親権を取ることはできますか?

A:子どもの親権はについて、親の収入はあまり考慮されません。子どもの年齢が低ければ、ほとんどは母親が親権を持つことになります。


Q:収入の少ない私が、子どもを育てていくことができるでしょうか?

A:母子家庭への優遇措置はたくさんありますから、それらを存分に活用すれば大丈夫です。また相手から養育費はきちんともらえるようにしておきましょう。


Q:養育費を支払ってもらえなくなったら、どうすればいいですか?

A:家庭裁判所に、養育費支払いの調停を申請しましょう。公的機関が関与すれば、多くの方は支払いに応じるようになります。


Q:離婚後も、今の名字を使い続けたいのですが?

A:離婚した場合、名字は結婚前の名字に自動的に戻ってしまいます。このような場合は新しい戸籍を作り、離婚の際に称していた氏を称する届」を役場に提出します。提出期限は、離婚後3ヶ月以内ですから注意してください。


Q:離婚した夫に、子どもを会わせたくないのですが。

A:虐待などによって子どもの安全や精神状態を侵害するのであれば、会わせる必要はないでしょう。しかし子ども気持ちを考えずに、自分の感情だけで会わせたくないというのなら、それは問題となります。家庭裁判所の慣例で面接交渉権という権利は認められているので、一方的に会わせないというのはよくないでしょう。子どもの気持ちや相手の気持ちも十分に考慮する必要があります。


Q:納得できない理由で、離婚をせまられています。

A:結婚生活が今現在、破たんしているのであれば、離婚が認められたしまう可能性があります。具体的にはすでに別居している、家での会話がまったくない場合などです。まだ結婚生活が破たんしていないと思えるのなら、離婚調停の場でよく話し合いをしてみましょう。お互いに生活態度を改める余地があれば、離婚しないですむこともあります。


Q:うつ病の相手と離婚したいのですが。

A:裁判所というのは病人に有利な判断を下す傾向にあるため、うつ病という理由だけで離婚するのは難しいかもしれません。うつ病を何年も治療しているのに直らず、生活に疲れ果ててしまったような場合なら、婚姻を継続しがたい重大な事由として、離婚が認められるかもしれません。


Q:自分にではなく、子どもに暴力をふるう夫と離婚できますか?

A:夫が、しつけのつもりで暴力をふるっているか、虐待として暴力をふるっているかによって異なります。もし、しつけの気持ちが強いのであれば、離婚ではなく夫婦関係円満調整の調停を申し立てて、夫にしつけとしての暴力をやめてもらうようにしましょう。それでも改善されなかったり、そもそも虐待である、理由は何であれとにかく子どもに危険がせまっているということなら、児童相談所に相談して子どもを保護してもらいましょう。そして、離婚調停を申し立てるとよいでしょう。


Q:夫が自己破産してしまったので、養育費はもらえないのですか?

A:自己破産したからといって、すべての支払いを免れるわけではありません。例外はいくつかあり、子どもの扶養義務も免れることはできないとされています。したがって自己破産した夫には、引き続き養育費の支払い義務があります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ